肝機能障害の基礎知識

健康診断などでは、どの程度肝臓が機能しているかを調べます。その際に計測されるγ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)といった肝機能の数値によっては、「肝機能障害」に分類されるという診断結果がなされるときがあります。沈黙の臓器と言われているように、肝臓は何かトラブルを抱えていても予兆やSOS信号がほとんどありません。そのためよほど気にしていないと自覚症状はほとんどなく、診断結果を聞いてビックリする人がほとんどです。

 

肝機能障害とは肝臓に何らかの障害があり、正常に機能していない状態のことをいいます。肝機能障害を判断する際に調べられるGOT、GPT、γ-GTP(ガンマGTP)というのは肝細胞の中にあるタンパク質の一種を数値化したものです。

 

肝細胞の中で酵素の働きを持つこれらは、肝細胞に存在しているものですので正常な状態ならは、血液にはわずかな量しか存在していません。しかし、肝細胞が何らかの原因で破壊されることによって肝細胞からこれらが血中に流出します。ということは、これらの数値が高いと、肝臓の一部が破壊されている、という事になるのです。

 

肝臓が破壊される原因として挙げられるのは主にアルコール、脂肪肝、慢性肝炎などとされています。日常的にアルコールを摂取している人が、肝機能障害と診断されたら、まずお酒を控えることが改善の第一歩です。

 

肝機能障害は既に何らかの肝臓の病気を誘発している場合もあります。肝臓の働きがすこし弱るだけだと思い治療を怠ると、肝炎や肝硬変、肝臓ガンなどに発展してしまう恐れがあります。肝機能障害の疑いがある人は医療機関で、更に詳しい検査を受けることをおすすめします。