まつ毛サプリランキング@口コミ人気はこれ

まつ毛ケアのためのマッサージ

 

まつ毛のケアとなると、まずまつ毛に注目が集まるのは当然なのですが、そのまつ毛はどこから生えているのかということにも気をつけてください。当然答えはまぶたということになりますが、髪の育毛では頭皮の血行が大事と言われるように、まつ毛の育毛ではその土台になるまぶたの血行が大切です。そんなまぶたの肌の状態を良くするために行われるのがまぶたマッサージです。上手に行うことが出来れば、まつ毛の育毛にも非常に有効です。

 

マッサージを行う前にホットタオルを作ってまぶたを温めてあげましょう。温めると血流が改善されるので、マッサージの効果も高まりますし、まぶたのむくみの解消されるようになって目元がパッチリしてきます。

 

マッサージではまず眉毛の下の部分を軽く押すところから初めていきましょう。目元の皮膚は非常に薄いので、力は入れず優しく親指の腹でマッサージしていきましょう。眉毛の下の骨に沿って顔の内側から外側にかけて進めていきます。そして、目の下の骨の周辺も押していきましょう。目の真下、顔の内側、外側と少しずつ移動しながらまんべんなく押してあげましょう。目元ばかりでなく、こめかみ周辺もマッサージしてあげるようにすると、目の近くへの血流の改善に有効となります。この部分は人差し指や中指が良いでしょう。どこをマッサージするにも、強くこするなどして摩擦を与えることがないようにやさしく丁寧にマッサージすることが大切です。

 

まつ毛のケアは普段から

 

まつ毛の長さや量で目元の印象が大きく変わるということは分かっていても、実際問題、下まつ毛などは全然ボリュームがないので、メイクのしようがないという方も結構いるのだそうです。こういう場合、遺伝だからと諦めてしまいがちですが、実際には遺伝だけでなく、普段からのケアの問題もあると言われています。

 

たとえば最近はまつ毛美容液が増えているのですが、その役割は「まつ毛のダメージケアとダメージからの保護」にあります。こういったトラブルがあることを分かって、専門家たちは悩みに応えるものを開発しているのです。

 

まつ毛を育てるのは、まつ毛美容液を塗るだけでは不可能です。生活習慣にもまつ毛の成長は左右されています。円形脱毛症などはストレスからくるとよく言われますが、このストレスはまつ毛にも影響しているといいます。ストレスが強くなると体内では血流が悪くなるために、必要な栄養素が毛のために回ってこなくなってきます。すると健康的な髪の毛やまつ毛はなかなか生えてこないのです。ストレスだけでなく疲労も問題になりますから、栄養バランスの良い食事をしっかり摂取して、そして睡眠時間もしっかり確保するようにしましょう

 

またアイラインやマスカラ、エクステといったアイメイクの定番を利用するのは良いのですが、過剰になったり洗い残しがあったり保湿などのケアが不十分だと肌荒れの原因になってしまいます。健康な皮膚の状態があってこそ健康なまつ毛が生えますから、しっかりまぶたや目元のスキンケアも意識するようにしてください。

 

まつ毛のメイク方法の定番

 

目元のメイクは顔の印象を大きく変えてくれるものですが、特にまつ毛をどのように見せるかで目や顔の印象は変わります。目元メイクの定番となっているまつ毛のエクステですが、これは長さ・太さ・カールなど種類も豊富にありますから、自分の好みに合わせて利用するのが良いでしょう。自然なものからゴージャスなものまで自由自在です。基本的にはサロンでお願いすることになりますが、セルフでも出来ないわけではありません。

 

またまつ毛パーマも多く利用されています。目に入りにくいようなクリームタイプやジェルタイプの液が多く、好みのカールをロットやビューラーで固定して作って、パーマ液で形を固めていきます。パーマは手入れが楽で、カールもきれいな状態で維持出来ますから、毎日手入れをする必要がありません。ただまつ毛にダメージがありますから、少々抜けやすくなってしまうことには注意しましょう。

 

つけまつ毛も定番となっていますが、種類もだいぶ豊富になってきています。自分の目の大きさや形に合わせることが必要で、自分で少々はカットしたりし、形を整える必要があります。それを怠ると不自然な感じが出てしまいますから注意しましょう。

 

こういったまつ毛のメイキングを苦手に感じる人は、目ヂカラアップのためにまつ毛用美容液を使ってまつ毛の成長を促してみるのも良いかもしれません。継続して行っているとまつ毛が太くなったり長くなったりするそうですよ。自前でしっかりしたまつ毛があればそれだけでメイクも楽になりますね。

 

まつ毛の健康を考えた食事とは

 

まつ毛メイクが様々世の中にはありますが、これは美しさを与える一方でまつ毛やまぶたの皮膚に負担を与え、抜け毛を誘発しているという負の影響もあります。ダメージを緩和して美しいまつ毛を保つためには、普段からの食事が大切です。

 

まつ毛も当然体の一部ですから、食べ物を食べるなかで作られていきます。しかしながらピンポイントでまつ毛のみを伸ばしてくれる食品はありません。大事なのは育毛効果のある栄養素をしっかり摂取していくことです。たとえば、ビオチンはアミノ酸や脂質の分解・代謝を助ける働きをしている成分ですが、これが体内にしっかり摂取できているとタンパク質を主成分とする体毛や皮膚、粘膜の生成が促されるようになります。

 

またL‐シスチンはイオウを含んでいて、これはタンパク質を作る重要な成分です。タンパク質が作られてこそ毛や爪、肌は健康に保たれますからしっかり摂取しましょう。L‐シスチンは肉類や牛乳、オートミール、小麦粉などに多いです。野菜不足には注意してバランスを取ってくださいね。また亜鉛などのミネラルは、人間の体内で血液や皮膚、骨、腎臓、肝臓、毛などの細胞に存在し代謝を助けたり成長を促進する効果を持っています。

 

基本的に栄養バランスの取れた食事をすることが大切で、そして食事の時間帯などにも気を遣い健康的な生活をすることが大切です。摂取した栄養の全てがまつ毛に使われるわけではありませんが、自分の体の調子が悪い、疲れている時にはまつ毛も同様に調子が悪いと考えるのが良いでしょう。

 

サプリという方法もあります まつ毛サプリはこちら

 

まつ毛貧毛症を知っていますか?

 

まつ毛貧毛症という病気をご存知でしょうか?名前からも想像が出来るかと思いますが、まつ毛が「少ない」「細い」「短い」といった明確な状態が見える症状です。これはアイメイクなどによる肌のダメージや、強い洗顔料やコスメの影響、または肌への何かしらの原因による摩擦や、アトピーなどの皮膚炎の影響、もしくは薬などの影響によってまつ毛が生えてこなかったり抜け落ちてしまうために生じます

 

基本的に発毛のために必要となる毛包に問題がなければ、薬による治療は可能です。毛包がない場合にはまつ毛植毛の施術が行われるケースもあります。この場合、髪の毛をまつ毛に移すということ行われるので、まつ毛としては長くくっきりとしたものを得ることができます。

 

まつ毛貧毛症の原因の多くは、日常生活における目の周辺の皮膚やまつ毛への負担です。ですからどのように普段ケアをしているのか、また生活中の様々な習慣で悪いものがないのかチェックするようにしてみましょう。バランスの取れた食事、質の良い睡眠、ストレスなどにも注意が必要です。またアイメイクや乱暴なクレンジング、目をこするクセや眼精疲労など、生活中の目の周辺にダメージを与えかねない習慣に注意が必要です。

 

最近はまつ毛の育成に有効な成分を配合したまつ毛美容液も増えているので、そういったものを利用することもケアにつながります。まつ毛貧毛症に対しては病院での治療だけでなく、自分でも可能なケアや予防策はたくさんありますから、普段から注意してケアしてあげることが大切です。

 

目のかゆいときのエクステ

 

花粉症や鼻炎を持つ方の中では、目元が痒く、ついつい擦ってしまう人もいると思います。普段からアイメイクをしている人は、目元がかゆく、擦ってしまうとそれによってメイクが崩れてしまったり、せっかくつけたつけまつ毛やエクステが取れてしまうということもありますし、まつ毛そのものが抜けてしまうリスクもあります。

 

ですから、そういう場合はサロンで「目が痒い」ということをしっかり告げておきましょう。エクステ目的でサロンに行くと、こういうことを言うと施術してもらえないのではないかと思う人もいますが、そういう場合はサロンで工夫してくれます。たとえば、目頭や目尻の部分はかきやすいので、エクステをあまり付けないようにしてくれたり、また、負担が少しでも軽くなるように細い、短いエクステにしてくれるなど考えることができます。

 

あまりにも目の痒みがひどい場合には、この時期はエクステを頑張るよりもまつ毛を育てる時期と割り切ってしまうのも良いでしょう。まつ毛は外的刺激から目を守るためにあるものですから、花粉の時期などは特にまつ毛の必要性が高まり、伸びやすいものと思われます。

 

そこにまつ毛美容液などで有効成分を注入することで、まつ毛の生育環境が整って普段よりもしっかりしたまつ毛が長く生えてくることが期待できます。しっかりしたまつ毛の土台を作って、その上でアイメイクを施すことができれば、その後も安心ですし、魅力アップにつながりますね。

新着情報